股関節の痛み | 原因と簡単ストレッチ

股関節の痛み

股関節とは

上半身の体重を支えているのは、骨盤(腰の骨)です。
その骨盤を2本の大腿骨(ふとももの骨)で支えている関節があります。
それが、股関節です。

股関節の骨格

股関節はがっちりと骨同士が重なりあい、靭帯によってしっかりとつながっています。
体内には大小様々な関節がありますが、股関節は関節の中でも、最も大きな関節です。

股関節の役割

上半身と下半身をつなげる重要な役割があります。
そのため股関節が歪むと、体全体に不調を引き起こすことにもなります。

股関節の形

肩関節と同じように球状の関節です。おわん状の臼(うす)のようなくぼみに、大腿骨の先端の球状の頭のような部分がはまりこんでいます。

球状になっているため、動きの自由度が大きいのです。前にも後ろにも斜めにもいろいろな方向に動かせます。旋回もできます。
また、関節軟骨という弾力性のある組織に覆われているため、滑らかに動くようになっています。

股関節に負担がかかるのはどんな時か

上半身と下半身をつないでいるために、日常生活のなかで、つねに大きな負担がかかります。
とくに、バランスの悪い立ち方、座り方、歩き方、あるいは猫背などの偏った姿勢のままの暮らしは、股関節に余計な負担がかかることになります。

股関節に負担がかかった時の症状 | 足 付け根 痛み

まず、歩くときや立ったり座ったりするとき、足の付け根のあたりに違和感を感じるようになります。

何か引っかかったような感じ、重たくなったような感じ、あるいは不快な感じがします。
やがて、徐々に痛みに変わってきます。股関節に限らずお尻や太もも、ひざの上などに鈍痛が出ることもあります。腰痛を引き起こしたりもします。

股関節痛をほうっておくどうなるか

立ったり、少し歩いたり、少し運動しただけでも、足の付け根あたりに痛みが出てくるようになります。

さらにひどくなると、立ったり座ったり歩くときに、不自由を感じるようになります。
痛みから関節を動かさずにいると筋肉が硬くなってしまいます。そうすると、靴下が履きにくくなったり大きな段差が上りにくくなったりして、日常生活の動作がつらくなります。

やがては、安静にしても痛むようになり、痛みの程度もだんだんと強くなります。
ひどいときには、股関節に水がたまって腫れたり、就寝中にも痛みが出て眠れなくなることもあります。

股関節痛の原因

バランスの悪い姿勢のままの暮らしは、骨盤が歪んだりズレることにもなります。
そのゆがみやズレによって、腰痛などを引き起こすのです。
股関節は骨盤と大腿骨とつながっているので、股関節への負担は、骨盤や大腿骨にも影響を与えるからです。

股関節痛の症状を改善するには

まず、自分の体のゆがみに気づくことが第一です。
どこがどのようにゆがんでいるのか、あるいは縮んだり固くなっているのか、そこに気がつくことです。

そのためには、整体院で、体のゆがみを診断してもらいましょう。
歪み専門 サクシタ療法院では、お客様の体のゆがみを診断したうえで、痛くない整体をします。
整体によって、骨盤や股関節のゆがみを整えます。それによって、痛みは軽減します。

股関節の痛みで悩んでいたら今スグお電話を

股関節の痛みの連絡先

股関節痛の予防

大切なことは、日常の生活のなかで、バランスのよい姿勢を保つことです。

また、痛くなってからでは遅い場合もありますので、定期的に体のメンテナンスを行うことをお勧めします。
そして、日々の暮らしの中で股関節をストレッチしましょう。股関節を柔軟にすることは、股関節の痛みを予防することになります。

また、よく歩くことです。歩くことで、大腿部の筋肉が鍛えられて、体のバランスがよくなって、股関節の痛みの予防にもなります。

股関節痛の予防とストレッチ

更新日2013年2月25日(火)

整体 サクシタ プロフィール

按摩・マッサージ・指圧師の国家資格を持っています。

プロフィール >>

◆ご注意として、ここで掲載している内容は個人差がありますので効果を保障するものではありません。一例として掲載しています。

〒260-0022
千葉市中央区神明町200
秋葉ビル101

電話 0120-54-1971
(043-243-5201)

駐車場4台分あります


大きな地図で見る

このページの上に戻る